メニュー

お知らせ

光生舎に関する様々なお知らせ

6月10日に地域貢献活動の一環として、本舎職員と赤平ていく職員の総勢19名で

本舎周辺と河川敷、赤平ていく周辺とふれあい広場などのゴミ拾いを行いました。

赤平市民の方々のポイ捨てに対する意識が高いこともあり、ゴミの量はあまり多くありませんでしたが、

とても天気が良かったせいか、ゴミ拾いが終わった時には、とても清々しい気持ちになりました。

次回は、ぜひ利用者さんにも参加してもらい、こういった清々しい気持ちを共有できたらと思います。

親愛の家に「移動動物園」がやってきました。

ヤギ、アヒル、蛇、フクロウなど、珍しい動物たちが全11種、愛くるしい動物たちに皆心を癒されていました。

当日は、歌志内市の認定こども園の園児さん、社会福祉協議会の方々、また町内会長様はじめ、町内会の方々など、約60名に御来所いただきました。

若干肌寒さを感じる気候でしたが、終了時間ぎりぎりまで動物たちと触れ合っている利用者さんの姿が印象的でした。

4月に本舎、百戸地区、歌志内地区の三カ所で春の街頭啓発を実施致しました。

当日は午前中に雪が降るほど気温が低く、職員も上着や手袋を着用しての参加となりましたが、実施時には雪も止み、無事に活動を行うことが出来ました。

これから夏にかけて自転車やバイク等も走る為、左折時には巻き込み事故などを起こさぬよう注意が必要です。

皆さんも安全運転を心掛けて運転しましょう。

 

ゆいま~るでは、開設当初より事業所に地域の方をお呼びして、夏祭りを開催しておりました。

出店やイベントで、ゆいま~る関係者の方だけでなく、地域の方にも楽しんで頂くことが狙いです。大規模な行事なので、外部からボランティアを募集して運営をします。

 

 

北星学園さんとのお付き合いはここから始まりました。

一昨年、毎年学生さんをボランティアに出してくれていた北星学園の先生から、「講義をして欲しい」とご依頼頂き、“社会福祉法人としての地域貢献”についてお話をさせて頂きました。

昨年はコロナ禍で夏祭りは中止になってしまいましたが、12月にはゼミ生(約15名)とZOOMで繋がり、地域の社会福祉法人の代表として学生さんの疑問に答えたり、今年1月には『ゆいま~るの地域における存在意義』をテーマにお話させて頂きました。

  

 

地域貢献活動に関しては、多くの質問を寄せて頂き、“地域共生”というテーマに、こんなに沢山の若い世代が関心を持ってくれているという事実に、自分たちももっと頑張って良い繋がりを作ったり、深めていきたいなと、力をもらいました。

今後も、こうした交流を相互に発展させながら、より良い地域の在り方を考えて行けたらと思っています。

 

  

 

 

地域貢献推進委員会では地域貢献として除雪ボランティアを実施しました。

赤平エリア、百戸エリア、歌志内エリア、札幌エリアに分かれて各施設から職員と利用者の皆様の力を合わせて、除雪が困難な高齢者宅や地域の共用スペース(ゴミステーションやポスト)、町内会館等を対象に除雪を行いました。

除雪を行うことで窓に光が入るようになったり、道が通れるようになったりと不便が解消されていきました。

 

重たい雪が積み重なって大変ではありましたが、地域の方と一緒に除雪に汗をかいたり、歓迎や感謝の言葉を掛けて下さる場面もあり、我々も嬉しく思います。

次年度も継続して活動を進めていく予定です。